福祉用具貸与

福祉用具の貸与



日常生活の自立を助けたり、機能訓練に用いるための福祉用具、介護者の負担を軽くするための福祉用具をレンタルできます。
 [介護サービス情報公表システムで"福祉用具貸与事業所"を探す]

■ 費用の目安

費用の規定はされておらず(※)、利用者の所得等に応じて、レンタル費用の1割〜2割(平成30年8月以降は、1割〜3割)を負担します。(費用については、ケアマネジャーやレンタル事業所にお問い合わせください。)

※平成30年10月から、各福祉用具品目につき、全国平均価格に基づき、上限価格が設定されます。



■ 福祉用具貸与の種類

車椅子
特殊寝台 
床ずれ防止用具
手すり
歩行器
認知症老人徘徊感知器

●の福祉用具については、要介護1の方は原則として保険給付の対象となりません。
★の自動排泄処理装置(尿のみを吸引する機能を除く)については、要介護1,2,3の方は原則として保険給付の対象となりません。

■ 福祉用具の購入と貸与

介護保険において、福祉用具は貸与が原則ですが、
1,他人が使用したものを再利用できないもの
2,使用により元の品質や形態が変化し、再利用できないものなどについては、福祉用具購入費の支給対象となります。

福祉用具の購入の詳細