受賞概要

          倉敷・水島コンビナート・エコ通勤実証実験の取り組み           
          ~大規模事業所8社を対象としたエコ通勤に向けた取組み~ 

                               
水島コンビナート・エコ通勤検協議会事務局
                          (倉敷市建設局都市計画部交通政策課・(株)オリエントコンサルタンツ)                  

 本プロジェクトでは、倉敷市南部に位置する水島コンビナートにおいて,エコ通勤実証実験を行い、今後の職場交通マネジメントの在り方について検討を行った。公共交通が不便なため自動車通勤者が多く、地域の公共交通利用者は減少の一途であることから、バス路線の減便・廃止が拡大しており、また、地元商店街の衰退も深刻な状況である。

平成20年11月に約2週間、主要企業8社の従業員を対象にエコ通勤実証実験を行った。実験では最寄り駅と企業を結ぶシャトルバス運行、レンタサイクルや、「できることからできるペースで」のコンセプトで各企業が独自の取組みも行った。また、バスマップや啓発冊子等のツールの配布に加え、TFPアンケートや商店街活性化を狙った施策も展開した。
 実験では、ターゲットとした日勤者の約3割が参加、シャトルバス利用者が1日平均約100人、相乗りや自転車通勤等を含めると1日平均約220人がエコ通勤し、約500Kg-CO2を削減できた。また公共交通機関等が運行していない時間帯に勤務しなければならない交替勤務者は、当初エコ通勤が難しいと考えられたが、自転車を利用するなど自発的参加も見られた。従業員の満足度は概ね高く、代替交通手段があればエコ通勤を実施する意思を示すとともに、実験後に他地域の取り組み状況について、視察を検討する企業が出るなど、企業担当者の意識・行動変容を促進した。
 実験により、本地域でもエコ通勤の展開可能性が確認できたほか、企業や地域の意識に変化を与えた効果は大きく、各企業や地域がそれぞれの実情に応じ、自主的に取り組む雰囲気が芽生えた。今後は、協議会等のネットワークを活かしつつ、地域にエコ通勤を根付かせていくことが重要である。

JCOMM実行委員会から

 「エコ通勤」として大規模工業地帯におけるそれぞれに考えの異なる多様な企業群を地道なコミュニケーションを通じて広く取り込む一方、きめ細やかな対応を通じて完成度の高い効果的なプロジェクトを遂行している点が高く評価されました。また、取組みを通じて公共交通利用者の増加や新たな地域づくりの芽も生まれており、応用可能性にも富んだエコ通勤の規範的な取組みとして、JCOMMプロジェクト賞に選定されました。