あなたの家の住宅用火災警報器は大丈夫ですか

あなたの家の住宅用火災警報器は大丈夫ですか

いざという時にあなたの命を守る住宅用火災警報器

 既存住宅を含めた全ての住宅に設置が義務化されて10年が経過しました。住宅用火災警報器の標準的な使用期間は一般的に7年から10年といわれています。機器の劣化や電池切れなどによる故障や誤作動も考えられます。

 この記事の当事者の方のように適正に電池を交換していても、誤作動する場合があるんですね。

 いざという時に作動するように定期的な点検を心がけましょう。

 

山陽新聞掲載記事