つけてて良かった。 住宅用火災警報器

つけてて良かった。 住宅用火災警報器

住宅用火災警報器住宅用火災警報器は,火災をいち早く発見して火災による「逃げ遅れ」を防ぐためのものであることは,皆さんご存知のとおりです。私たちの住む倉敷市においても,住宅用火災警報器が鳴ったため,火災を早く発見して『全焼火災にならずにすんだ』『ボヤですんだ』という事例が報告されていますので紹介します。

こんろ台所

台所には住宅用火災警報器の設置義務はありませんが,設置することで大きな火災とならずに

すんだ事例がたくさんありますので,是非設置していただきたいと思います。


  • 2階で就寝中に1階で火災が発生 1階の住宅用火災警報器が吹鳴しこれに気づいた家人が2階バルコニーから脱出し

 地上に避難した事例【令和3年8月】

  • 電気加熱式調理器で調理中に眠ってしまったところ,住宅用火災警報器が吹鳴し,これに気づいた隣人が知ら

 せた事例【令和3年8月】

  • 鍋をかけたまま隣の部屋でテレビを見ていたところ,付近に設置してある住宅用火災警報器が吹鳴した事例

【令和2年6月】(吹鳴に気がついた家人が台所を確認し,鍋の底が焦げているのを発見し119番通報した。 )

  • やかんを加熱したままその場を離れた事例
  • フライパンに油を入れてその場を離れた事例


ライター火遊び

こども達は好奇心旺盛です。ライターなどはこどもの手の届かないところに置きましょう。

  • 幼い兄弟が,押し入れの中に隠れてライターでティッシュペーパーを燃やして出火した事例

たばこたばこ

たばこからの出火もたくさんあります。たばこは水の入った灰皿で確実に消し,こまめに灰皿を取り替えましょう。
寝室以外の部屋にも住宅用火災警報器の設置をお勧めします。

  • たばこの吸い殻がたまった灰皿に,喫煙後の吸い殻を入れて外出。消火が不十分だったため出火した事例

(近隣の方が住宅用火災警報器の警報音に気づき,119番通報するとともに別の住民と協力し,燃えていた灰皿に

水をかけて消火。)

炎裸火

  • 玄関でアロマキャンドルを燃やしていたところ,その下にあった竹の敷物に火が落ち出火した事例

(寝ていた家人が台所の水をかけて消火。わずかな被害ですみました。)

  • 仏壇の線香が座布団に落下し,出火した事例【令和元年11月】

(音を聞きつけた付近住民が,座布団を水に浸けて消火。わずかな被害ですみました。)

ストーブ ストーブ

ストーブは確実に消してから外出しましょう。布団や洗濯物もストーブから離してください。

  • 留守中にストーブの火が布団について出火した事例(近所に住んでいる住民が犬の散歩中に住宅用火災警報器の

警報音が聞こえたため119番通報。畳や布団がわずかに燃える程度ですみました。)

倉敷市消防局 予防課
〒710-0824  倉敷市白楽町162-5 【TEL】 086-426-1194  【FAX】 086-421-1244

◆このページに掲載された内容に関するご意見・ご要望等は、上記の連絡先へどうぞ。