公的個人認証サービス

お知らせ

住民基本台帳カードに搭載する電子証明書の発行は12月22日に終了しました

平成28年1月からの個人番号カード交付開始に伴い、平成27年12月22日火曜日をもって、住民基本台帳カードへの公的個人認証サービスの電子証明書の搭載は終了しました。

※平成28年1月以降は、個人番号カードに電子証明書が搭載されます。

公的個人認証サービス利用者クライアントソフト

公的個人認証サービスを利用した行政手続き等を行うときには、電子証明書を利用するためのソフトウェア「利用者クライアントソフト」が必要です。

「利用者クライアントソフト」は、利用者の皆様が各自「公的個人認証サービスポータルサイト」からダウンロードしていただく必要があります。

下記サイトからダウンロードいただきますようよろしくお願いします。


公的個人認証サービス ポータルサイト
> 利用者クライアントソフトのダウンロード

  

公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスとは・・・

公的個人認証サービスは、

インターネットを安心・安全に利用できるように、住民基本台帳に記載されている住民に対して電子証明書を発行するサービスです。

公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅や職場などのパソコンから様々な行政手続き等(電子申請や申告)を行うことができます。

事前の準備

公的個人認証サービスを利用して電子申請を行うには、事前に電子証明書が記録された個人番号カード(もしくは住民基本台帳カード)とICカードリーダライタが必要です。
必要な「事前の準備」については、下記のリンク先をご確認ください。

<公的個人認証サービス ポータルサイト>


「個人番号カード」の発行については、市民課ホームページをご確認ください。
※「住民基本台帳カード」の発行および「住民基本台帳カード」への電子証明書の搭載は終了しております。
 
<市民課ホームページ(個人番号カード)>
  

問い合わせ先

個人番号カード・住民基本台帳カードについて

倉敷市役所 本庁 市民課 (086-426-3265)

制度について

倉敷市役所 情報政策課 (086-426-3211)
  

※この「用語解説」のリンクは、辞書サイトWeblioの解説ページへ移動します。