弘泉寺本堂・山門

スマートフォン用ツール
弘泉寺本堂・山門

こうせんじほんどう・さんもん

弘泉寺本堂・山門

弘泉寺本堂の写真

弘泉寺山門の写真

種別:

国登録・建造物

所在地: 倉敷市下津井
所有・管理者: 弘泉寺
登録年月日: 平成30年3月27日

 下津井に所在する弘泉寺の本堂及び山門です。本堂は棟札から江戸時代後期の文政10年(1827)に建てられたことが分かっており,塩飽大工の手によるもので東面して建っています。

 桁行3間,梁間4間,向拝1間,入母屋造桟瓦葺で,石垣基壇上に青木石の亀腹基礎を設けています。良材を用いた手堅い造りで,細部は波形や動植物の洗練された意匠で飾られており,地域の歴史的景観に寄与する貴重な建造物です。

【現地周辺の地図】