展覧会

2018/03/11

倉敷市立美術館 やさしい美術

常設展・やさしい美術展ちらし(表面)

コレクション展

やさしい美術

ー展覧会を楽しむための「?(はてな)」ー

2017年12月2日(土)~2018年3月11日(日)

休館日:
月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日(木)~1月4日(木)、2月1日(木)
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館2階 第2展示室
観覧料:
◆一般210(150)円
◆高大生100(70)円
◆小中生50(30)円
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、心身障がい者の方とその介護者1名は無料

主催:
倉敷市教育委員会
資料:
やさしい美術 出品目録(PDFファイル)

「美術は難しい」と思って、美術館に足の向かない方いませんか?「やさしい美術」はそんな方が美術に親しみ、楽しんでいただける展覧会です。
想像力と創造力をめいっぱい使って作られた美術作品は、見る人の世界を豊かにしてくれる心のビタミンのようなもの。「わからない」と言ってそっぽを向く前に、一度「これは一体、何だろう?」と立ち止まって見てはどうでしょうか?
人間の脳は、疑問「?(はてな)」を投げかけることで、無意識の内に答えを出そうと動きだします。美術作品はさまざまな解釈ができるので、そこからどんどん面白い世界が開けていきます。
本展では当館コレクションから、平成28年度新収蔵作品6点を含む約40点を、大きな4つの問いに分けて展示し、所々に小さな「?」をちりばめています。これらの「?」を手掛かりに、観る人の好奇心が動き出し、「難しい美術」が「やさしい美術」になれば幸いです。

開催中の催し

担当学芸員によるギャラリートーク
日時:12月16日(土)、1月20日(土)、2月17日(土)
14時~(約30分間)
場所:2階 展覧会場内
※参加自由。ただし、入場券が必要です。
寺松国太郎「人形を持つ女性像」1916年

寺松国太郎「人形を持つ女性像」1916年

岡本唐貴「鯛と果物」1977年

岡本唐貴「鯛と果物」1977年

海見久子「鳥の詩ーおそい朝」2001年

海見久子「鳥の詩ーおそい朝」2001年


〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)