転居された場合

スマートフォン用ツール

転居された場合

 固定資産税・都市計画税の納税義務者が倉敷市以外の市町村で転居された場合には、新しい住所を資産税課までお知らせください。その際、納税義務者の本人確認を行うため、納税通知書に記載されている整理番号の確認を行っています。
 次の場合には、資産税課へ届け出の必要はありません。

  1. 倉敷市内で転居された場合
  2. 倉敷市から転出された場合
  3. 倉敷市に転入された場合

 ただし、倉敷市内外を問わず住民票の異動を伴わない住所移転の場合は、納税通知書送付先変更届の提出が必要になります。


提出先

様式