お知らせ

スマートフォン用ツール
お知らせ

 風しん抗体検査を実施しています


風しんについて

 

2018年7月下旬以降、関東地方を中心に風しん患者が増加しています。

また、9月5日現在、全国で風しんの患者数は362名となり、中国地方でも発生しています。

 

【風しんとは】

風しん(3日はしか)は、風しんウイルスによっておこる急性熱性発疹性疾患です。

飛沫感染によって感染します。

【潜伏期間と症状】

潜伏期間は2~3週間(平均16日~18日)です。典型的な症状としては、発熱・発疹・リンパ節腫脹がありますが、ウイルスに感染しても明らかな症状がでることがないまま免疫ができてしまう(不顕性感染)人が15~30%程度いると言われています。

【その他】

●抗体の不十分な女性が妊娠初期に風しんにかかると、胎児に先天性風しん症候群という障がいが起こる可能性があります。

妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、抗体が不十分な妊娠初期の方は可能な限り人混みを避けましょう。また、妊婦の夫や子ども、その他の同居家族等、妊婦の周りにいる方は予防接種を受けるなど、感染予防に努めてください。

●9月5日までの発生では、30~40歳代の男性が多くなっています。

●平成2年4月2日以降に生まれた方は、2回、定期の風しん予防接種の対象となっています。

 

倉敷市では、風しん抗体検査を無料で実施しています。また、この抗体検査を受け、抗体価が風しんの感染予防に十分でないと判明した方には、風しん予防接種費用の一部を助成します

対象となる方は、ぜひこの機会に抗体検査を受けてください。


対象者や実施医療機関など、詳細はこちら



 子宮頸がん予防ワクチンの積極的勧奨の差し控えについて

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日から定期の予防接種として実施していますがワクチンとの因果関係は不明ながら持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから副反応の発生頻度等がより明らかになり適切な情報提供ができるまでの間積極的にはお勧めしないことになりました
    (平成25年6月14日、平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会において)

希望者は定期接種として接種をうけることは可能です。その際は、ワクチンの有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてください。
 【参照】 
「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種を受けるに当たっての説明書」

◆積極的な接種勧奨の再開は今後国における専門家会議による評価を行い改めて判断される予定となっています。新しい情報は随時ホームページなどを通じてお知らせいたします

◆厚生労働省のチラシ
「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」 (平成25年6月版)


「HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」(平成30年1月版)

「HPVワクチンを受けるお子様と保護者の方へ」 (平成30年1月版)

「HPVワクチンの接種に当たって 医療従事者の方へ」 (平成30年1月版)

岡山県のリーフレット

「娘さんを持つ保護者の方へ」