当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

農業者年金について

農業者年金について
(新)農業者年金に加入しましょう

 (新)農業者年金は、農業者の老後生活の安定と福祉の向上に加え、保険料助成を通じて、担い手を確保するという目的をあわせもつ政策年金です。

    

制度のポイント(平成14年1月1日スタート)

農業従事者なら誰でも加入できます。

国民年金第1号被保険者で、年間60日以上農業に従事する60歳未満の方であれば、誰でも加入できます。

農地を持っていない農業者や家族従事者も加入できます。

保険料は積立方式です。

将来受給する年金は自らが積み立てる方式となり、少子高齢化の進展にも対応でき、長期に安定した制度です。

保険料を自由に選択できます。

毎月の保険料は、20,000円を基本とし、最高67,000円まで1,000円単位
で加入者自身が選択できます。

また、いつでも見直すことができます。

税制面でのメリットがあります。

保険料は全額社会保険料控除(所得控除)の対象となります。

年金は公的年金等控除の対象となります。

80歳までの保証が付いた終身年金です。

年金は終身受給できます。

80歳になる前に亡くなった場合は、80歳までに受け取れると仮定した金額を死亡一時金として遺族の方が受け取れます。

意欲ある担い手に保険料助成があります。

認定農業者等一定の要件を備えた意欲ある担い手に対し、保険料(月額20,000円)の2割、3割、5割の国庫補助があります。