当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

野崎武左衛門翁旌徳碑ほか

のざきぶざえもんおう しょうとくひ

写真:野崎武左衛門翁旌徳碑

種別: 国登録・建造物
所在地: 倉敷市児島味野
所有・管理者: (財)竜王会館
登録年月日: 平成16年6月9日



 明治期の貴族院議員野崎武吉郎(1848~1925)が、塩田王と呼ばれた祖父武左衛門(1789~1864)のために建てたオベリスク型(方尖塔)の記念碑です。約8m四方の基壇の上に上下2組の台座を設置し、その上に長さ約12mの塔を立ち上げたもので、児島沖の六口島産の花崗岩を使用しています。

 日本でも珍しい古代エジプト趣味の建造物で、フランス留学経験のある土木技師山田寅吉が設計しました。県指定史跡「野崎家旧宅」の南西約400mに位置する約1000平方メートルの小庭園内にあります。

【現地周辺の地図】


より大きな地図で 倉敷市内の文化財(国登録) を表示