展覧会

2022/02/05

倉敷市立美術館 「人を描く 人のすがたと暮らしを捉えた絵画」

コレクション展「人を描く 人のすがたと暮らしを捉えた絵画」ちらし

人を描く

人のすがたと暮らしを捉えた絵画

2022年3月19日(土)~5月15日(日)

休館日:
月曜日休館(ただし、3月21日(月)は開館、3月22日(火)は休館)
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館2階 第2展示室
観覧料:
◆一般210円(150円)
◆高大生100円(70円)
◆小中生50円(30円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小・中学生は、いきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、障がい者の方とその付き添いの方1名は無料(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示ください。障害者手帳アプリ「ミライロID」のご提示でも減免が適用されます。)
主催:
倉敷市教育委員会

画家は様々なきっかけで人物を描き、多種多様な人物画を残してきました。人物画は風景画や静物画よりも早くから描かれてきた主題です。人物画といえば特定の人間の外観を表現した「肖像画」、人体の美しさを追求した「裸体画」が主にあげられますが、人々の日常生活を描いた「風俗画」も人物画のジャンルといえます。
この度の倉敷市立美術館では、コレクションの中から人物が描かれた作品を三つの分野に分けて展示します。郷土作家の多彩な人物表現を是非会場でご鑑賞ください。

開催中の催し

担当学芸員によるギャラリートーク
日時:3月27日(日)、4月24日(日) 14時~(30分間程度)
場所:美術館2階 第2展示室
※当日の観覧券が必要です。
児島虎次郎「三橋玉見像」1923年

児島虎次郎「三橋玉見像」1923年

河原修平「雪の窓」1942年

河原修平「雪の窓」1942年

満谷国四郎「もたるる裸婦」1912年

満谷国四郎「もたるる裸婦」1912年


2022/02/05

倉敷市立美術館「郷土作家と戦後の美術」展

郷土作家と戦後の美術展メイン画像

郷土作家と戦後の美術展

2022年3月19日(土)~5月15日(日)

休館日:
月曜日休館(ただし、3月21日(月・祝)は開館、3月22日(火)は休館)
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館2階 第3展示室
観覧料:
◆一般210円(150円)
◆高大生100円(70円)
◆小中生50円(30円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小・中学生は、いきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、障がい者の方とその付き添いの方1名は無料(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示ください。障害者手帳アプリ「ミライロID」のご提示でも減免が適用されます。)
主催:
倉敷市教育委員会

郷土ゆかりの高橋秀や岡崎和郎らが戦後に展開した新しい表現による作品を本館のコレクションを中心に展示。
(作品キャプション:高橋秀「分離する黒のスペース」1990年)





2022/02/04

3階ロビー展示 橋を渡って

3階ロビー展示「橋を渡って」ポスター

3階ロビー展示

橋を渡って

2022年3月15日(火)~5月8日(日)

休館日:
月曜日休館(ただし、3月21日(月)は開館、3月22日(火)は休館)
開館時間:
9時~17時15分
観覧料:
無料

主催:
倉敷市立美術館

「錦帯橋」や「昭和東海道五十三次」など橋が描かれた池田遙邨の作品を展示。





2021/11/27

倉敷市立美術館 3階ロビー展示「家から街へ」

3階ロビー展示「家から街へ」ポスター

3階ロビー展示

家から街へ

2022年1月18日(火)~3月13日(日)

休館日:
月曜日
開館時間:
9時~17時15分
展覧会場:
美術館3階 ロビー
観覧料:
無料

主催:
倉敷市立美術館

当館が所蔵する池田遙邨作品の中から家々や街を描いた作品を展示。





2021/11/26

倉敷市立美術館 コレクション展「新収蔵作品を中心に」

コレクション展「新収蔵作品を中心に」ちらし

コレクション展

新収蔵作品を中心に

2022年1月5日(水)~3月13日(日)

休館日:
月曜日(ただし1月10日(月・祝)は開館。1月11日(火)は休館)
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館2階 第2展示室
観覧料:
◆一般210円(150円)
◆高大生100円(70円)
◆小中生50円(30円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小・中学生は、いきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、障がい者の方とその付き添いの方1名は無料(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示ください。障害者手帳アプリ「ミライロID」のご提示でも減免が適用されます。)

主催:
倉敷市教育委員会

倉敷市立美術館では、郷土にゆかりの深い作家たちの作品を中心に、近・現代美術の流れを展望できるコレクション作りを目指して収集活動を行っています。令和2年度には、日本画家の池田遙邨、洋画家の柚木久太、坂田一男らの作品43点が新たにコレクションに加わりました。
池田遙邨の「銀砂灘」は銀閣寺と庭園の銀砂灘と向月台が単純化された形でユーモラスに表現されています。鮮やかな色彩で多くの風景画を残した柚木久太の「西爽亭秋意」は、倉敷市玉島の庄屋・柚木家の旧宅の庭を描いたものです。また抽象絵画の先駆者とされる坂田一男の「ある日の構想」は、抑えられた色調で描かれ晩年の画風をよく伝えるものです。
このたびの展覧会では、このほかに備前焼の伊勢﨑淳、版画家の髙原洋一、当館で初めて作品を収蔵することになった日本画家の飯塚竹斎、井上端木、書家の河田一臼らの作品を展示します。さまざまなジャンルの作家による多彩な表現をお楽しみください。

開催中の催し

担当学芸員によるギャラリートーク
日時:1月16日(日)、2月5日(土)、3月5日(土) 14時~(30分間程度)
場所:美術館2階 第2展示室
※当日の観覧券が必要です。
池田遙邨「銀砂灘」1953年

池田遙邨「銀砂灘」1953年

柚木久太「西爽亭秋意」1949年

柚木久太「西爽亭秋意」1949年

坂田一男「ある日の構想」1952年

坂田一男「ある日の構想」1952年


2021/11/25

第36回倉敷っ子美術展

第36回倉敷っ子美術展ちらし

第36回

倉敷っ子美術展

※中止になりました。

2022年2月4日(金)~2月20日(日)

休館日:
月曜日
開館時間:
9時~17時15分
展覧会場:
美術館1階 第1展示室・エントランスホール、2階 ロビー・第3展示室・展示コーナー
観覧料:
無料

主催:
倉敷市
倉敷市教育委員会
倉敷市小学校教育研究会
倉敷市中学校教育研究会

小中学生が制作した絵画や工作などの作品を展示します。倉敷市内全域の小中学校と美術館が共同で開催する展覧会です。





2021/11/24

倉敷市立美術館 第33回 倉敷っ子なかよし作品展

第33回倉敷っ子なかよし作品展ちらし

第33回

倉敷っ子なかよし作品展

※中止になりました

2022年1月25日(火)~1月30日(日)

休館日:
会期中無休
開館時間:
午前9時~午後5時15分(初日のみ開場午前9時30分)
展覧会場:
美術館1階 第1展示室、2階 第3展示室・展示コーナー
観覧料:
無料

主催:
倉敷市特別支援教育研究協議会
共催:倉敷市教育委員会

後援:
倉敷市等区別支援教育を支える会連絡協議会
倉敷市手をつなぐ育成会・倉敷市社会福祉協議会・山陽新聞社

市内の小中学校の特別支援学級や特別支援学校の児童・生徒が制作した作品を展示します。





2021/11/23

倉敷市立美術館 3階ロビー展示「森の中へ」

3階ロビー展示「森の中へ」ポスター

3階ロビー展示

森の中へ

2021年11月9日(火)~ 令和4年1月16日(日)

休館日:
月曜日(ただし、月曜日が祝日の場合は開館、翌日の火曜日が閉館)年末年始(12月28日~1月4日)
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館3階 ロビー
観覧料:
無料
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
65歳以上の方、心身障がい者とその介護者1名は無料

主催:
倉敷市立美術館

「森」「鳥の巣」など、遙邨が森の中で見つけた動物や風景の作品を展示。





2021/11/22

倉敷市立美術館 第65回 倉敷美術展

第65回倉敷美術展ちらし

第65回

倉敷美術展

2022年1月5日(水)~1月16日(日)

休館日:
1月11日(火)
開館時間:
9時~17時15分 ※最終日は16時まで
展覧会場:
美術館1階 第1展示室・エントランスホール、2階 第3展示室・展示コーナー
観覧料:
無料

主催:
倉敷美術協会、倉敷市立美術館
共催:倉敷市文化連盟

後援:
倉敷市、山陽新聞社、読売新聞岡山支局、NHK岡山放送局、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、KSB瀬戸内海放送、RNC西日本放送、倉敷ケーブルテレビ、玉島テレビ放送、FMくらしき、ゆめねっと笠岡放送、エフエムゆめウェーブ、レディオモモ

伝統に育まれた地元作家による総合美術展
日本画・洋画・工芸・立体/彫刻





2021/10/19

倉敷市立美術館 郷土ゆかりの日本画展

郷土ゆかりの日本画展ちらし

郷土ゆかりの日本画展

2021年11月20日(土)~ 12月19日(日)

休館日:
月曜日
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館2階 第2展示室
観覧料:
◆一般210円(150円)
◆高大生100円(70円)
◆小中生50円(30円)
()内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小・中学生は、いきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、障がい者の方とその付き添いの方1名は無料(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をご提示ください。障害者手帳アプリ「ミライロID」のご提示でも減免が適用されます。)

主催:
倉敷市教育委員会

倉敷市立美術館の核となっているのは、8,000点を超える郷土出身の日本画家・池田遙邨の作品ですが、本館が収蔵する日本画は遙邨以外にも多彩です。
その多くは市民はじめ所蔵されていた方々からの寄贈によるものです。備中地域には戦災に遭わず焼失を免れた旧家が多く、たとえば倉敷市阿知の林源十郎邸に伝わっていた美術品は一括して本館に収蔵されています。この中には、林家の近くで病没した江戸時代末期の勤王画家・佐藤正持が描いた遊楽図や、1891(明治24)年に阿智神社に画神碑を建立するために来倉した京都の南画家・田能村直入の山水画の大作など、それぞれの作家の基準作となる貴重な作品が数多く含まれています。
また、江戸時代から続く旧家で、明治時代、洋画の黎明期に活躍した堀和平を輩出した総社の堀家からの寄贈品には、京都の大和絵系の画家で、倉敷市曽原の一等地に襖絵を揮毫した原在謙が描いた屏風などがあり、当時のしつらえの一端をうかがうことができます。
由加山蓮台寺が所蔵する「菊慈童図」は、狩野永徳や長谷川等伯と並んで桃山時代を代表する画家・海北友松が50歳前後のときに描いた作品です。友松は1598(慶長3)年に石田三成に同行して海路九州へ向かい、その途上蓮台寺に近い倉敷下津井に滞在しています。本作は友松研究において大変重要な作品で、今回がひさかたぶりのお披露目となります。
このたびの展示は、人物画・花鳥画・風景画といったジャンル別に構成し、本館コレクションに寄託品を加えた約30点により、郷土ゆかりの日本画家たちのすぐれた作品を紹介します。

開催中の催し

担当学芸員によるギャラリートーク
12月4日(土)14時から30分程度。
※当日の観覧券が必要です。
佐藤正持「室内遊楽図」(本館蔵)

佐藤正持「室内遊楽図」(本館蔵)

稲葉春生「炎天菜図」(個人蔵)

稲葉春生「炎天菜図」(個人蔵)



〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)