災害派遣等

災害派遣等

静岡市で給水支援活動を行いました

 9月26日(月曜日)から10月6日(木曜日)までの計11日間、倉敷市は、給水車2台と18名の水道局職員を断水が発生した静岡市清水区へ派遣しました。現地では高齢者施設への給水や仮設給水所での個別給水を行いましたが、断水解消の見通しがたったため、10月5日(水曜日)に給水支援活動を終了し翌6日に帰着しました。7日には、給水支援活動や被災状況について伊東市長他に報告を行いました。

高齢者施設へ給水
▲高齢者施設への給水
仮設給水所での個別給水
▲仮設給水所での個別給水
市長へ報帰着報告
▲市長へ帰着報告 
市長へ被災状況、支援活動等の報告
▲被災状況、支援活動等の報告

静岡県静岡市へ給水車を派遣しました

 令和4年9月26日(月曜日)12時30分、倉敷市は、台風15号により約6万3千世帯で断水が発生している静岡市へ給水車2台と職員6名を派遣しました。あわせて支援物資として給水パック600個を提供させていただきました。現地において、応急給水活動に従事する予定です。

静岡市出発式1
▲出発式
静岡市出発式2

新潟県村上市と関川村、山形県飯豊町へ支援物資を送りました

 令和4年8月7日(日曜日)、倉敷市は、児島阿津にある「防災備蓄倉庫」にて出発式を行い、8月3日からの大雨により被害を受けた新潟県村上市と関川村、山形県飯豊町に支援物資のひとつとして、ペットボトル水「くらしきの水」(500㎖)2,400本を搬送しました。「くらしきの水」は、災害時の備蓄用として片島浄水場内にある「倉敷市水道局資材倉庫」に保管しており、この度は支援物資として提供させていただきました。

出発式
▲児島阿津にある「防災備蓄倉庫」での出発式 
ペットボトル水
▲支援物資(ペットボトル水)
支援物資の積み込み
▲「倉敷市水道局資材倉庫」での積み込みの様子

和歌山県和歌山市へ給水車を派遣しました

 令和3年10月9日(土曜日)11時、倉敷市は、上水道用の送水管の一部が崩落したことに伴い約6万戸で断水が発生している和歌山市へ給水車2台と職員4名を派遣しました。

応急給水出発式
▲出発式
給水車

熊本県人吉市へ支援物資を送りました

 令和2年7月5日㈰18時頃、倉敷市は、記録的な豪雨により甚大な被害を受けている熊本県人吉市に支援物資として、給水パック3,000袋、マスク、消毒液、非接触式体温計、土のう袋等を職員が搬送しました。

出発式
出発式
支援物資
支援物資