障がい者親善大使の派遣

スマートフォン用ツール
障がい者親善大使の派遣

障がい者親善大使の派遣

倉敷市障がい者国際交流協会(※)は、姉妹都市クライストチャーチ市の障がい者や姉妹都市委員会関係者との交流を深めるため、両市の障がい者と同伴者各2名を隔年で相互に派遣しています。クライストチャーチ市では、市長表敬訪問や市内外の見学、地元の障がい者との交流などを行います。この派遣にかかる渡航経費および現地滞在費は、クライストチャーチ市にある大手水産加工会社インディペンデント・フィッシャリーズ社が負担してくださっています。

※倉敷市障がい者国際交流協会
障がい者の国際交流を支援するために設立された団体。4つの障がい者支援団体で構成される。
構成団体(倉敷市身体障がい者福祉協会連合会、倉敷市手をつなぐ育成会、倉敷市心身障がい施設連絡協議会、倉敷市障がい者スポーツ推進協議会)顧問:マイケル・ゴーマン氏

障がい者の派遣についてはクライストチャーチ倶楽部のページ


第5回クライストチャーチ市訪問倉敷市障がい者親善大使

トラム2015/3/27
 2015年(平成27年)3月5日(木)~3月18日(水)の14日間,
倉敷市障がい者国際交流協会が,姉妹都市 クライストチャーチ市
の障がい者や,障がい者支援団体等 との交流を深めるため,倉敷
市の障がい者2名,同伴者 2名及び引率者1名を派遣しました。
 この派遣は,クライストチャーチ市にある大手水産加工会社
インディペンデント・フィッシャリーズ社がスポンサーとなって
表敬訪問実施されるもので,現地の学校訪問などを通じて障がい者と交流
を深めたほか、ホームステイ,市内の見学などを行いました。
 
    第5回親善大使レポートはこちら 

第4回クライストチャーチ市訪問倉敷市障がい者親善大使

2013/03/27
GroupPhoto1
2013年(平成25年)2月22日(金)~3月3日(日)の10日間,倉敷市障がい者国際交流協会が,姉妹都市クライストチャーチ市の障がい者や,障がい者支援団体等との交流を深めるため,倉敷市の障がい者2名及び同伴者2名、引率者1名、随行者1名を派遣しました。

   第4回親善大使レポートはこちらへ.. 

第3回クライストチャーチ市訪問倉敷市障がい者親善大使

第3回クライストチャーチ市訪問倉敷市障がい者親善大使
2009年(平成21年)3月8日(日)~3月18日(水)の11日間,倉敷市障がい者国際交流協会が,姉妹都市クライストチャーチ市の障がい者や,障がい者支援団体等との交流を深めるため,倉敷市の障がい者2名及び同伴者2名を派遣しました。

    第3回親善大使レポートはこちらへ..

第2回クライストチャーチ市訪問倉敷市障がい者親善大使

dpe2
平成19年3月6日(火)~16日(金)の11日間,倉敷市障がい者国際交流協会が,姉妹都市クライストチャーチ市の障がい者や,障がい者支援団体等との交流を深めるため,倉敷市の障害者2名及び同伴者2名を派遣しました。この派遣は,クライストチャーチ市にある大手水産加工会社インディペンデント・フィッシャリーズ社,及びニュージーランド航空がスポンサーとなっています。

  第2回親善大使レポートはこちらへ..

第1回クライストチャーチ市訪問倉敷市障がい者親善大使

dpeOut1
平成17年2月12日(土曜日)~2月26日(土曜日)の15日間,倉敷市障がい者国際交流協会(※)が,姉妹都市クライストチャーチ市の障がい者や,障がい者支援団体等との交流を深めるため,倉敷市の障がい者2名及び同伴者2名を派遣しました。
 この派遣は,クライストチャーチ市にある大手水産加工会社インディペンデント・フィッシャリーズ社,及びニュージーランド航空がスポンサーとなり,現地ではニュージーランド・オープン車椅子テニス大会への参加や,学校訪問などを通じて交流を深めました。

  第1回親善大使レポートはこちら...