後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について
 新しい後期高齢者医療制度は、原則75歳以上の人全員が加入する高齢者の医療制度です。
 現在国民健康保険に加入されている方も、75歳になると国民健康保険からは脱退して、後期高齢者医療制度で医療を受けます。

運営主体  

 岡山県後期高齢者医療広域連合が制度を運営します。

 電話番号(086)-245-0090

広域連合が行なうこと

 被保険者の認定や保険料額の決定、医療の給付など制度の運営をおこないます。

 保険料の決定

 医療の給付

 保険証の交付

市が行なうこと

 住所変更や給付申請などの届出窓口になります。保険証の引渡しや保険料の徴収をおこないます。

 保険証の引渡し

 保険料の徴収

 加入や脱退の届出の受付

 各種申請の受付

 健康診査の実施

 担当部署:医療給付課

 (HPはこちらをご覧ください)

 電話番号:426-3395

対象者(被保険者)

 広域連合内に住む75歳以上の人および65歳以上の一定程度の障がいがある人です。
 現在加入している医療制度(国保・健康保険・共済など)に関係なく、75歳以上の人はすべて後期高齢者医療制度に移行します。

保険証

 一人に一枚、新しい保険証が交付されます。

医療費の負担割合

 一般の人は1割負担、現役並みの所得者の人は3割負担です。
一般 1割
現役並み所得者 3割

受けられる保険給付

 療養給付や、入院時の食事代等、高額療養費など国保と同様です。
倉敷市役所 国民健康保険課
〒710-8565  岡山県倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3281  【FAX】 086-427-4086  【E-Mail】 hltins@city.kurashiki.okayama.jp