SDGsへの取り組み

SDGsへの取り組み

TOPへ  業務紹介  SDGs  主要実績  最近の取組  お知らせ  工事基準  各種様式

SDGsへの取り組み

SDGsポスター

 SDGsとは

 SDGs(エスディージーズ:Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)とは、
2001
年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、20159月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。

 

詳しい内容は 企画経営室 のページをご覧ください。

 

 

 

 公共建築課・公共設備課のSDGsへの取り組み

 公共建築課・公共設備課では、本市が令和2年7月に国から「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」に選定されたことを受け、公共建築物の新築、増改築、改修を行う中でSDGsを取り入れています。

 特に、建築分野は据野が広く、関係者も多いため、そのパートナーシップを強化し、SDGsに貢献すべきであると考えています。

 公共建築課と公共設備課が連携を深め、SDGsに取り組むことにより、自治体として貢献していきます。

 

 

 

 SDGs11SDGs13  1 災害に強いまちづくりの実現


  公共建築物の新築・改修事業や排水機場の新設・改修事業において、防災化・減災化を推進しています。現在予知されている南海トラフ地震などの大規模災害に備えて、公共建築物を耐震化し、都市型水害対策・予防も考慮した公共施設とすることにし、「災害に強く安心して暮らせるまちづくり」を目指します。

 

  ~具体例~

  キュービクルの基礎上げ、受変電設備を屋上に設置、盤の固定強化など

 

西阿知小学校 非常用発電機設置

西阿知小学校 非常用発電機の基礎上げ

 

 

 

SDGs13SDGs13  2 地球温暖化対策の推進


  令和3年6月、本市は、2050年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」にチャレンジしていくことを表明しました。太陽光発電設備など再生可能エネルギーの利用や省エネルギー機器などの導入を図り、公共施設の脱炭素化(ゼロカーボンシティ)を目指します。

 

  詳しい内容

   ▶倉敷市 地球温暖化対策室HPをご覧ください。


 ~具体例~

 LED化、太陽光発電機の設置、EV充電設備の導入、省エネ機器の導入など

 

南中学校 太陽光発電機設置

南中学校 太陽光発電機の設置

 

 

 

SDGs5SDGs11  3 福祉の充実


  バリアフリー・ユニバーサルデザインを推進し、人に優しく、誰もが利用しやすい施設を目指します。

 

 ~具体例~

 多機能トイレの設置、人感センサーの導入、緊急呼び出し警報表示など

 

多機能便所

福田公園 多目的グラウンド本部棟便所の新築

 

 

 

SDGs12SDGs13  4 資源の有効活用


  長寿命で再生可能な資源の使用を促進し、廃棄物の資源化・資源の循環化を図ります。また、資材及び労務の調達は市内を優先させ、輸送エネルギーの削減に貢献します。

 

 ~具体例~

 再生クラッシャーラン、再生砂、リサイクル管の使用など

 

再生クラッシャーラン リサイクル塩ビ管

再生クラッシャーランの使用         リサイクル塩ビ管の使用

 

倉敷市建設局建築部 公共建築課&公共設備課
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地
公共建築課:  【TEL】 086-426-3535  【FAX】 086-427-3536  【E-Mail】 pbld@city.kurashiki.okayama.jp
公共設備課:  【TEL】 086-426-3538  【FAX】 086-427-3536  【E-Mail】 pfac@city.kurashiki.okayama.jp