展覧会

2020/07/18

池田遙邨ベストセレクションー日展・青塔社展の出品作を中心にー

池田遙邨ベストセレクションちらし

池田遙邨ベストセレクション

ー日展・青塔社展の出品作を中心にー

2020年7月18日(土)~8月23日(日)

休館日:
月曜日(ただし8月10日(月)は開館、8月11日(火)は休館)
開館時間:
9時~17時15分(入場は16時45分まで)
展覧会場:
美術館2階 第2展示室
観覧料:
◆一般210円(150円)
◆高大生100円(70円)
◆小中生50円(30円)
( )内は20名以上の団体料金
倉敷市内の小・中学生は、いきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料
高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く)
65歳以上の方、心身障がい者の方とその付き添いの方1名は無料
※美術館ベストセレクション(7/18~8/23)もご覧いただけます。

主催:
倉敷市教育委員会

倉敷市立美術館のコレクションの柱となっている池田遙邨は、文化勲章を受章した郷土出身の日本画家で、1919(大正8)年の第1回帝展(現在の日展の前身)に「南郷の八月」が入選して以来、1988(昭和63)年に92歳で亡くなるまで、この帝展・日展を主な舞台として活躍しました。また、1953(昭和28)年、後進の指導育成を目的として結成主宰した画塾・青塔社の展覧会には、1989(平成元)年の第34回展に遺作出品されるまで、毎年かかさず出品しています。
ところで、1978(昭和58)年に京都の鴨川を題材にした第10回改組日展の「川」と、1980(昭和55)年に第25回青塔社展に出品した「京都タワー」とでは、同じ京都市内の風景を描いた作品にもかかわらず、美しさへの視点が違います。当時、京都タワーは、景観との調和で古都のシンボルとして相応しくないのではないかと議論された問題作。遙邨はそのことを承知の上で、あえて青塔社展の出品作として描いており、実験的な傾向が強いようです。
このたびの展覧会では、遙邨の主な作品発表の場だった日展と青塔社展の出品作品に焦点をあてて展示します。遙邨がもっとも力を入れて制作した代表作ばかりで、当時の遙邨コレクションの中核をなすものです。この機会にゆっくりとご鑑賞ください。

池田遙邨「京都タワー」1980年

池田遙邨「京都タワー」1980年

池田遙邨「川」1978年

池田遙邨「川」1978年

池田遙邨「芒原」1983年

池田遙邨「芒原」1983年


倉敷市立美術館

〒710-0046 岡山県倉敷市中央2丁目6番1号[MAP] TEL.086-425-6034 FAX.086-425-6036 お問い合わせ

●開館時間/9時〜17時15分 ●休館日/月曜日(休日の場合は翌日)