犯罪被害者等支援

スマートフォン用ツール
犯罪被害者等支援

犯罪被害にあうと 

 

      ある日突然、事件事故に巻き込まれた場合、直接的な被害だけでなく、

   その後に生じるさまざまな問題に苦しめられることがあります。    犯罪被害者等支援シンボルマーク                                                                                                           「ギュッとちゃん」

  【心身の不調】      

     感情や感覚のマヒ、感情の揺れ、不眠、食欲不振、神経過敏、PTSDなど

  【生活上の問題】

     住まいの心配、収入の途絶、思いがけない出費、家庭内のいさかいなど

  【周囲の人の言動による傷つき】

     興味本位の質問、心情に沿わない安易な励ましやなぐさめ、

   関係機関での二次被害、望まぬ取材・報道など

  【捜査・裁判に伴うさまざまな負担】

     事件について何度も説明、情報不足、法廷への出廷、民事裁判に費やす時間や費用など

        ※犯罪被害の種類や年齢、生活状況などにより生じる問題はさまざまです。

 

 

悩まれている被害者やご家族、ご遺族の方

  下記の相談窓口にご相談ください。

  情報提供および相談者の了承を得たうえで各担当課や連携している各関係機関への連絡調整等を行います。

 

    倉敷市生活安全課 犯罪被害者総合相談窓口(本庁西側分室)

           TEL086-426-3111

 

  【他の相談機関】

     もよりの警察署 

     法テラス岡山(情報提供、民事法律扶助など) TEL0570-079714

     岡山弁護士会(法的な相談、裁判関係など) TEL086-234-5888(予約専用)

     岡山地方法務局倉敷支局(人権相談) TEL086-422-1260

     民間支援団体(相談、連絡調整や付き添いなど)

         (公社)被害者サポートセンターおかやま   

          NPO法人おかやま犯罪被害者サポート・ファミリ-ズ

 

市民,事業者の皆さんへ

    犯罪被害にあわれた方やご家族が一日も早く平穏な生活に戻れるように,ご理解とご協力をお願いし

   ます。事業者の方は,雇用する被害者やそのご家族の状況に応じて、その就労や勤務についてご配慮を

   お願いします。                             

 

被害者支援トピック

   大学生ボランティア連絡会「あした彩」

     平成29年11月,県内の10大学(現在は12大学・1専門学校)の学生が集まり発足。学習支援や

    日常生活を支える支援などの直接支援,フォーラムの開催などの広報啓発を行っています。

    市内では,「川崎医療福祉大学」および「川崎福祉短期大学」の学生が加入されています。