当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

交通安全

交通安全

新着情報

年末年始の交通事故にご注意ください

                                   
 

年末・年始の交通事故にご注意ください

 

 まもなく令和元年が終わります。ドライバーも、歩行者も、自転車利用者も、一人ひとりが「ゆずる・とまる・まもる」を心がけ、交通事故を起こすことなく、また、事故に遭うことなく、新しい年を迎えましょう。

 

1 ゆずる・とまる・まもる ゆとりとゆずりあいの心で運転しましょう!

 師走は何かと忙しく、気持ちのゆとりを失いがちです。また、年末・年始は普段以上に交通量が多くなります。焦らず、急がず、ゆとりとゆずりあいの気持ちを忘れずに、スピードを控えて運転しましょう。

横断歩道を渡ろうとしている人がいるときは、一時停止して、先に渡らせてあげましょう。

 

2 高齢者の歩行中の事故をなくしましょう!

 年齢を重ねると、身体の様々な機能が若いころとは異なってきます。自分でも気付かないうちに、歩く速さも遅くなってきます。「まだ遠くにいる」と思っていても、車は予想以上の速さで近付いて来ます。

 道路を横断するときは、無理な横断は避け、車が完全に途切れてから渡り、横断途中も左右の安全を確認しましょう。遠回りでも、必ず横断歩道を渡りましょう。

 「まつ」、「みる」、「むりせず止まる」、「目立つ」、「もっと知る」。ご自身の体の変化をよく知り、無理のない、安全な行動をしてください。

 車のドライバーも、高齢者を見かけたら、思いやりのある運転を心がけましょう。

 

3 夕方・夜間は目立つことが大事!

 この時期は日が暮れるのが早く、ドライバーが歩行者や自転車に気付くタイミングが遅れがちになります。特に高齢者の皆さんは、できるだけ明るいうちに用事を済ませ、早朝や夕方、夜間の外出は控えましょう。

   また、高齢者に限らず、早朝や夕暮れ時、夜間に外出する際は、夜光反射材やLEDライト、明るい目立つ色の衣服を身につけるよう習慣付けましょう。

 

4 ライトは早めに点灯!

   夕暮れ時は、視界が大変悪くなります。周囲をよく見るとともに、自分の存在を知らせるため、自動車や自転車は午後4時からライトを点灯しましょう。

 また、歩行者や自転車を早期に発見するため、対向車や先行車がいない状況では、自動車はハイビームにし、状況に応じてこまめに切り替えましょう。

 

5 飲酒運転は絶対に許されません!

 飲酒運転による悲惨な事故が後を絶ちません。自転車も飲酒運転禁止です。忘年会や新年会など、年末・年始はお酒を飲む機会が増えますが、車で参加する場合は必ずハンドルキーパーを確保するなど、「飲酒運転は絶対にしない、させない」ことを徹底して、みんなで飲酒運転を根絶しましょう。

 

6 水路等への転落事故に注意しましょう!

 日暮れが早いこの時期は周りが暗いなかで帰宅するようになります。街灯や住宅が少ないところでは道路と水路の境が分かりにくく転落する危険も高まります。また、冬場は水温が低いため水路等に転落した場合、重傷化してしまうこともあります。早めのライト点灯や手持ちライトの活用で前方を照らし、慣れた道でも注意しましょう。

 

7 出かける人に「気をつけて」のひと言を!

 交通事故防止のためには、出かける際に「車に気をつけて!」「夜光反射材は着けた?」などの、声かけをすることも大切です。特に、子どもや高齢者に対しては、一声かけて送り出しましょう。