​社会資本総合整備計画

​社会資本総合整備計画

概要

 地方公共団体等が行う社会資本の整備、その他の取組を支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の安定の確保及び向上を図ることを目的に、創意工夫を活かせる総合的な交付金として社会資本整備総合交付金が、平成22年に創設されました。

 地方公共団体等が、この社会資本整備総合交付金を活用し事業を実施しようとする場合には、整備計画を策定し、国土交通大臣に提出し、これを公表することになっています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第8及び第10の1)

  社会資本整備総合交付金交付要綱イラスト

 

倉敷駅周辺の安全・安心で快適な都市空間をめざしたまちづくり

 本事務所では、令和2年度から令和6年度までの整備計画「倉敷駅周辺の安全・安心で快適な都市空間をめざしたまちづくり」を策定し、土地区画整理事業を実施し、交通結束機能の強化、公共施設整備及び宅地の利用増進を図ることで、防災機能の強化と中心市街地の都市機能強化をめざしたまちづくりに取り組んでいます。

 

【計画名称】

 「倉敷駅周辺の安全・安心で快適な都市空間をめざしたまちづくり」

  整備計画    イラスト

  計画位置図   イラスト

  交付金の執行状況イラスト

  チェックシート イラスト

【計画期間】

  令和2年度~令和6年度