真備・船穂エリアの資料

真備・船穂エリアの資料
このページでは歴史資料整備室が所蔵する真備・船穂エリアの歴史資料をまとめています。資料群名に下線のあるものは、資料群名をクリックすると資料1点ごとの詳細目録(PDF)がご覧になれます。

歴史公文書 倉敷市役所各課で作成・保管された公文書のうち、保存期間満了後に歴史資料整備室に移管された資料。および旧市町村役場・支所で作成・保管され、歴史資料整備室に移管(一部寄贈)された資料。

古文書等 民家などに伝わり歴史資料整備室に寄贈・寄託された資料。古書店などから購入した資料も含みます。

歴史公文書

番号 資料群名 内容

真備町 (倉敷市真備町箭田、真備町川辺、真備町有井、真備町辻田、真備町岡田、真備町市場、真備町尾崎、真備町妹、真備町服部、真備町下二万、真備町上二万)

71 真備支所より移管文書

主として明治32年から昭和61年までの真備町選挙管理委員会・真備町議会事務局・広報まび・上原井領土地改良区等の文書347点です。

72 真備支所より移管刊行物他

昭和28年から平成17年までの町勢要覧・真備町総合計画・真備町役場庁舎新築工事仕様書・広報まび等78点です。

103 真備支所市民課から移管刊行物等

昭和46年から平成17年までの真備町農村総合整備計画書・真備町戦没者名簿等文書、閉庁式写真、町旗等66点です。

107 真備町議会ビデオ

平成13年から平成17年までの真備町議会ビデオ61点です。

108 広報まびCD

昭和33年から平成17年までの公報まびCD21点です。

123 真備支所から移管文書

昭和25年から平成17年までの議会・陳情書・市町村合併関係・災害関係・広報等の文書568点です。

124 真備支所から移管写真・フィルム

昭和27年から平成17年までの真備町の広報写真・フィルム5,750点です。

127 真備支所別棟から移管文書

大正8年から昭和46年までの真備町域の旧町村の合併・議会・公有財産等の文書22点です。

128 旧箭田村役場文書

明治10年から大正5年までの箭田村役場の文書109点です。

130 真備地区農地委員会文書

昭和22年から昭和30年までの真備町域の農地委員会の文書222点です。

131 真備地区土地台帳等

明治9年から昭和30年代までの真備町域の土地台帳・家屋台帳・地籍調査票・保安林台帳等292点です。

133 真備支所から移管文書

昭和29年から平成17年までの真備町庁舎・姉妹都市・合併協定書・まきび記念館・閉庁式・町勢要覧等74点です。

134 真備支所から移管写真・フィルム

昭和51年から平成12年までの真備町の広報写真・フィルム15点です。

138 真備町航空写真

昭和57年・平成元年・平成9年の真備町の航空写真3冊です。

140 市民課から移管文書

昭和63年から平成17年の真備町の人口集計表34点です。

真備支所より移管写真

昭和48年から昭和53年までの真備町の広報写真4,163点です。

真備支所より移管フィルム

主として昭和41年から昭和53年までの真備町のフィルム3,828点です。

船穂町 (倉敷市船穂町船穂、船穂町水江、船穂町柳井原)
33 船穂支所より移管文書

大正12年から昭和48年までの人口動態調査票控簿・引揚者関係書帳等40点です。

39 船穂小学校改築寄附金関係文書

昭和40年から昭和41年までの船穂小学校建築寄附金に関する文書9点です。

94 船穂支所から移管歴史的公文書等

主として昭和49年から平成17年までの合併調印式収録ビデオ・表彰状、船穂町立図書館・船穂中学校・船穂橋・歴代町村長及び議長等の写真等110点です。

102 船穂公民館から移管文書

主として元禄8年から昭和43年までの検地帳・名寄帳・野取帳・徴兵関係書類・船穂町誌に関する文書等604点です。

119 船穂公民館から移管文書

主として文政10年から平成17年までの名寄帳・学齢簿・広報ふなお、町民会館落成記念関係書類等76点です。

129 船穂支所から移管文書

昭和43年から平成15年までの柳井原堰関係等の船穂町役場の文書352点です。

139 船穂公民館から移管写真等

主として昭和46年から平成17年までの船穂町の広報写真、白神源次郎肖像、明治32~33年の高梁川台帳帳簿、切図、山陽鉄道鉄橋の図等507点です。

古文書等

資料群名 地域 内容 種別
真備町
小作関係書籍等 岡山県吉備郡真備町/倉敷市真備町

大正12~昭和25年の小作関係資料、昭和28~34年の間に発行された真備町文化史資料集(岡田藩荒木文十郎記録古文書第壱輯・吉備公の遺緒・吉備公弾琴祭等)など22点です。

移管資料
太田家文書 備中国下道郡陶村/倉敷市玉島陶

岡田藩領の大庄屋、下道郡陶村庄屋などを勤めた太田家伝来の史料です。真備町の近世中期から近代にかけての地域史、岡田藩政の有り様を物語る資料が豊富に含まれます。約5,280点を所蔵しています(未整理分は目録を公開していません)。

<参考文献:立石智章「備中岡田藩主の領内巡見とその特質―代替りの巡見を中心に―」(『倉敷の歴史』第26号、2016)、畑和良「真備町域における江戸時代~明治初年の水害治水史」(『倉敷の歴史』第30号、2020)>

寄贈資料(デジタル有)
三宅家文書 岡山県吉備郡岡田村/倉敷市真備町岡田

岡田村長を勤めた三宅清三郎宛書状、塩尻雄右衛門(梅宇)宛書状、高見亀宛福沢諭吉書状など76点を所蔵しています。

寄贈資料
日名家文書 岡山県吉備郡呉妹村/倉敷市真備町妹

大正期の池ノ上耕地整理組合関係文書、大正期の全国産業組合文書、宝暦期からの年貢請取状など374点を所蔵しています。

寄贈資料
高津池下管理組合資料 倉敷市真備町箭田

平成6年の干害応急対策事業に関する資料18点を所蔵しています。

寄贈資料