補助金制度

補助金制度

令和6年度 地球温暖化対策を推進するための各補助制度について

戸建住宅向け  太陽光・蓄電池・エネファーム・太陽熱・ZEH補助

要綱等

 

自家消費型太陽光発電システム(クリック)【令和6年度からの新事業】FIT・FIP制度の認定なし

受付期間:令和6年5月15日(水曜日)〜令和7年1月31日(金曜日) ※予算に達し次第終了

太陽光発電システム(クリック) 【従来事業】FIT・FIP制度の認定あり


太陽熱利用システム(クリック)

 

燃料電池システム(エネファーム)(クリック)

 

定置型リチウムイオン蓄電池(クリック)

   

ZEH(クリック)


令和6年度申請受付件数(令和6年6月13日時点)

自家消費型太陽光発電システム導入促進補助/創エネ・脱炭素住宅促進補助


申請件数 予定件数
自家消費型太陽光発電システム(FIT・FIP制度の認定なし) 12件
200件
太陽光発電システム(FIT・FIP制度の認定あり)  事前受付終了
100件
100件
太陽熱利用システム 2件 20件
燃料電池システム(エネファーム)
2件 50件
定置型リチウムイオン蓄電池
144件 500件
ZEH 23件 40件

※自家消費型太陽光発電システム、太陽光発電システムは、事前登録の申請件数です

電気自動車等導入促進補助


受付件数
予定件数
電気自動車 75台 200台
プラグインハイブリッド自動車 62台 100台
普通充電設備    0基 5基

V2H          

5基 30基

中小企業者に係る省エネルギー設備等導入促進補助

予算額
15,000,000円
受付状況 1件(2,066,000円)
残予算額
12,934,000円

太陽光発電システムには、感電・火災等の危険性があります

パンフレット(倉敷市)

chirashi

感電について、詳細はこちら
  • 経済産業省 水没した太陽電池発電設備による感電防止についてのお願い(周知)

https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2018/07/300709.html

  • 太陽光発電協会 太陽光発電システムの水害時の感電の危険性について

https://www.jpea.gr.jp/news/533/


火災について、詳細はこちら

  • 消費者庁 住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等

https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_012/

  • 消費者庁 住宅用太陽光発電システムに起因した住宅の火災事故に注意

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/2018/pdf/consumer_safety_release_190128_0001.pdf

岡山県の地球温暖化対策に関する補助金等支援情報について

県においても、温暖化対策を推進するための支援を行っています。

【岡山県 環境文化部 脱炭素社会推進課】

 (県内事業者向け)自家消費型太陽光発電設備導入支援について

再生可能エネルギーの普及拡大により、県内の温室効果ガス排出量の削減につなげるため、県内事業者等を対象に、自家消費型の太陽光発電設備を導入するための費用の一部を予算の範囲内で補助します。当該制度に対する補助金申請及び問い合わせについては、下記リンク先を御参照ください。

事業概要はこちら(PDF)

岡山県 脱炭素社会推進課 当該支援事業紹介ページはこちら(クリック)