要綱・要領改正のお知らせ

スマートフォン用ツール
要綱・要領改正のお知らせ

  倉敷市合併処理浄化槽設置補助金交付要綱(以下、「要綱」)および倉敷市合併処理浄化槽設置補助金交付に係る取扱要領(以下、「要領」)を改正しました。

 令和2年4月1日より施行となります。

  【通知】要綱改正のお知らせ

 

 【令和2年7月7日追加】

  要綱及び要領を再度改正しました。

  令和2年7月15日より施行となります。

  改正内容は下記のとおりです

 

 要綱の主な改正内容(令和2年4月1日施行)

補助対象の該当要件の変更

1.浄化槽設置補助対象の該当要件を「汚水処理未普及解消につながるもの」としました。

  補助対象に該当するかは、

  設置場所の「地域的要件(浄化槽処理区域内であること)」及び

  設置者の「人的要件(居住実態や浄化槽設置場所の現況)」から判断します。

 

2.設置する浄化槽を自己居住用家屋に限定しました。(賃貸用住居は対象外になりました)

 

  改正要領別表1に、補助対象者該当の判定表を定めていますので、ご確認ください。

   【早見表】要領別表1及び別表2.pdf

 要綱の主な改正内容(令和2年7月15日施行)

単独転換時の宅内配管補助の追加

1.単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換時の加算補助制度が変更になりました。

  単独処理浄化槽を撤去し適正に処分する場合には最大90,000円
  宅内配管工事 (建替・増改築を除く)を行う場合には最大300,000円
  が加算されます。

  ※単独処理浄化槽を撤去しない場合はその理由を記した書類が必要です。

 単独転換加算補助表

2.上記宅内配管補助制度変更のため、事業費の様式が変更になりました。

 

浄化槽使用者名簿の追加

 浄化槽を使用予定の居住者についての名簿をご提出いただくようになりました。
 倉敷市においては、例として次のようなケースは補助対象外となります。ご注意ください。

  ア 合併浄化槽処理家屋の建替え等で、申請者が建替え前の居住者と異なっているが
    建替え前の居住者も引き続き居住する場合(要綱第4条第2項第4号該当)
  イ 複数人が居住する場合で、居住者の中に申請時点で合併浄化槽処理家屋に居住
    している人がいる場合(要綱第4条第2項第5号該当)

 

改正要綱および改正要領(令和2年7月15日施行)

【R20715施行】倉敷市合併処理浄化槽設置補助金交付要綱.pdf new

【R20715施行】倉敷市合併処理浄化槽設置補助金交付に係る実施要領.pdf new

 

申請関係様式(令和2年度補助金交付申請より使用)

(令和2年度)1_補助金交付申請書.xlsx

(令和2年度)2_事業費見積書.xlsx(令和2年7月14日まで)

(令和2年度)2_事業費見積書_改正.xlsx(令和2年7月15日以降)new

(令和2年度)3_変更承認申請書.docx

(令和2年度)4_覚書.docx

(令和2年度)5_実績報告書.xlsx

(令和2年度)6_請求書.docx

(令和2年度)7_浄化槽使用予定者名簿.docx (令和2年7月15日以降)new

 

倉敷市環境リサイクル局環境政策部 合併浄化槽設置推進室
〒710-8565  倉敷市西中新田640番地 【TEL】 086-426-3583  【FAX】 086-426-6050  【E-Mail】 swpur@city.kurashiki.okayama.jp