啓発DVD・ビデオの貸出

スマートフォン用ツール
啓発DVD・ビデオの貸出

啓発ビデオ・DVD貸出

倉敷市では,人権啓発用DVD・ビデオの貸出をしています。

学校の授業や職場での研修,地域での学習会等で,是非ご活用ください。

 

貸出一覧表(概要・あらすじ入り)・様式ダウンロードはこちらから

倉敷市人権政策推進計画の第3賞「課題別施策の推進」に沿って,

啓発用DVD・ビデオを整備しています。

 

excel DVD一覧表 (Excel形式 323KB)

excel ビデオ(VHS)一覧表 (Excel形式 269KB)

excel(様式) 借用申請書・上映報告書 (Excel形式 26KB) 

 

貸出要領

1 DVD・ビデオの貸出対象は,倉敷市内にある学校,園,企業,町内会等の団体です。

  ※個人への貸出は行っておりません。

2 一度の貸出は 3本以内,貸出期間は 1週間(6泊7日)以内です。

3 貸出の際は 借用申請書,返却の際は 上映報告書の提出が必要となります。

4 貸出・返却は 人権推進室(本庁舎2階)での直接の受け渡しのみとさせていただいております。

  平日8時30分から17時15分の間にお越しください。 

  ※郵送・庁内便での貸出はしておりません。また,庁内便での返却も紛失・損傷の原因となりますので,ご遠慮ください。

5 DVD・ビデオを紛失・損傷した場合,原因によっては補償していただく場合があります。

 

貸出・返却の流れ

1    貸出希望のDVD・ビデオと希望貸出期間が決まりましたら,まずは 電話で予約をお願いします。

  ※予約状況によっては,ご希望に添えない場合もございます。

2  借用申請書に必要事項をご記入のうえ,貸出日当日に本庁人権推進室へご提出ください。

3 返却にあわせて,人権推進室へ 上映報告書を提出してください。

 

 

 

新しい啓発DVDが入荷しました

令和2年4月1日より,新たに8本の啓発DVDを貸出いたします。

是非啓発にお役立てください。

 

タイトル一覧

【No.392】 『STOP! デートDV』

【No.393】 『個性なの?障害なの? 〜早く知っておきたい発達障害〜』

【No.394】 『いつでも連絡してね 〜地域で認知症の家族を支える〜』

【No.395】 『多様性入門』

【No.396】 『ハラスメント・しない、させないための双方向コミュニケーション』

【No.397】 『サラーマット 〜あなたの言葉で〜』

【No.398】 『シリーズ映像でみる人権の歴史 第7巻 水平社を立ちあげた人々 −人間は尊敬すべきものだ−』

【No.399】 『シリーズ映像でみる人権の歴史 第8巻 ひとと皮革(かわ)の歴史』

 

各DVDの概要・あらすじ等は啓発用DVDの一覧表をご覧ください。

令和元年度 啓発ビデオ・DVD 貸出回数ランキング

昨年度,貸出回数の多かった啓発ビデオ・DVDを紹介いたします。

選定時のご参考になりましたら幸いです。

 

幼稚園〜小学生向け (アニメーション)

1位 No.322 「ねずみくんのきもち」

2位 No.372 「むしむし村の仲間たち みんないいとこあるんだよ」

3位 No.340 「ココロ屋」

4位 No.152 「プレゼント」

5位 No.226 「やさしいオオカミ」

6位 No.171 「みんな友だち」

小学生〜高校生向け (ドラマ/解説)

1位 No.386 「親や先生が知らない! 子供防犯スクール ネット・SNSトラブル編」

2位 No.378 「いじめ 心の声に気づく力」

3位 No.328 「友だちの声が聴こえる? 〜本当の思いやり〜」

3位 No.339 「ことばの暴力 〜心を傷つけたひと言〜」

4位 No.383 「小学生のスマホの安全な使い方教室 1巻 自分も相手も傷つけないために」

4位 No.389 「Voice! 人権の教室」

成人向け

1位 No.384 「「恥ずかしい」のはどっちだ 差別する側・される側 〜江嶋修作〜」

2位 No.343 「あなたに伝えたいこと」

3位 No.376 「誰もがその人らしく -LGBT-」

4位   No.320 「ほんとの空」

4位 No.329 「くらしの中の人権問題 家庭編」

4位 No.364 「考えよう!ハラスメント Vol.2 LGBTを知ろう」

企業向け (職場の人権問題等)

1位 No.377 「企業と人権 職場からつくる人権尊重社会」

2位 No.232 「ワークライフバランスを知っていますか? 〜働くオトコたちの声〜」

3位 No.315 「職場の日常から考える 〜パワーハラスメント〜」

4位 No.353 「多様性を尊重した職場のコミュニケーションと人権1」