→朝食を食べよう!


 朝食を食べると、学力&体力があがる!



グラフ:朝食の摂取状況と学力調査の平均回答率との関連、朝食の摂取状況と体力合計との関連


 朝食をとると、体温や心身の活動力が上がり、集中力を高めることができます。

 その結果、朝食を食べる人のほうが学力も体力もよいという結果があります。




 朝食を食べると、朝からおなかスッキリ!


 (1)胃の中に食べ物が入ってくると、その信号を受けて大腸がぜん動運動を起こし、

    便意を生じます。

    長い空腹状態のあとにとる朝食は、腸のぜん動運動を特に促進します。


 (2)規則正しく3食とると、胃腸の運動と排便のリズムが次第に整ってきます。

    朝食を欠食すると、生活リズムが乱れ、便秘の原因になることもあります。




 朝食を抜くと、太る!?


 朝食を食べないと・・・

   (1)心身の活動をできるだけ抑制して、エネルギーの代謝量が低下します。

   (2)エネルギーの不足分を筋肉から補おうとし、筋肉が衰え基礎代謝量が減少します。

   (3)身体は栄養の不足を感じとり、体内に脂肪を蓄えておこうとします。

   (4)昼食や夕食の摂取量が増えやすくなります。

   (5)昼食や夕食後の血糖値が急上昇して脂肪の蓄積が進みます。




 朝食を抜くと、脳卒中の危険が!?


グラフ:倉敷市脳卒中予防対策に関する研究


 朝食を抜く人は、朝食を食べる人と比べて、4.5倍 脳卒中になる可能性が高いという

結果があります。




 あなたの朝食レベルは?


 Lv1 時間も食欲もない・・・朝ごはんは食べていないよ。

           ⇒ あなたへのアドバイスはこちら


 Lv2 とりあえず何か食べるようにしてるよ。1品だけなら食べてるよ。

           ⇒ あなたへのアドバイスはこちら


 Lv3 朝食は毎日食べてるよ。栄養バランスも少しは考えてるかな。

           ⇒ あなたへのアドバイスはこちら




リンク:簡単レシピ



  朝食についての資料を作成しました。ぜひご覧ください。

         → 「みんな食べてる? 元気の源、朝ごはん!」

         → 「朝ごはんのチカラ」




  マンガで食育! 『朝食』のマンガはこちら。

         → 第1話 「朝ごはんのチカラ」