水質相談白色

スマートフォン用ツール
水質相談白色

         水質相談                 

水の着色 白色
症状 しばらく放置すると消えてくる
原因  水道水を蛇口から勢いよく出すと、蛇口の内部が負圧となり、蛇口の上部から空気を吸い込み気泡となって出てきます。
 また、給水栓から出るお湯にも同じような現象が見られます。そのほかに水中の酸素や炭酸ガス等の酸素成分の放出が考えられます。
 給湯器の中で水が急激に過熱されると、水中の酸素等が放出されやすくなり、蛇口からお湯がでた瞬間気泡となって現れます。これらの気泡が小さいと水やお湯は白く濁りますが、数秒後にには,徐々に下のほうから透明になっていきます。
安全性  気泡が入る原因は他にも考えられますが、いずれにしても白濁の原因は空気によるもので安全性については心配ありません。
症状 煮沸すると水が白くなる
原因  給水管に亜鉛メッキ鋼管を使用していると、亜鉛が溶け出し白い水が出たり、煮沸
すると白くなったりします。
この現象は、給水管内に水がたまっている時間が長いほど発生しやすく、朝一番の
使用時によくみられます。 
安全性 亜鉛は、人体にとって必要な成分です。必要な量以上とったときは、体外に排出す
ることから、健康障害については、極めて多量にとったなどの特殊な場合を除き問題
はありません。
対策  朝の使い始めに給水管に滞留した水を排水し、他の用途に利用してください。また、
亜鉛の溶出が進行すると赤水が発生しやすくなります。したがって、給水管を他の種
類の給水管に布設替えしてください。