当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

水質相談桃色

水質相談桃色

          水質相談

水の着色 桃色
症状 浴室のタイル、便器の内側などが桃色になる。
原因  空気中に存在する霊菌という細菌が、浴室のタイル、流し口、便器の内側など
水の溜まりやすい場所に付着し、繁殖したためです。
 特に、新築の家に多いことが特徴です。
対策  まず、着色した部分を水でよく洗ってください。取れないときは、熱湯もしくは、市
販の漂白剤で洗うことをお勧めします。
 ただし、浄化槽がある場合は、漂白剤の使用について注意が必要です。濃度の
高い漂白剤(塩素)あるいは、濃度が低くても多量の漂白剤が浄化槽に流入する
と、浄化機能をもった微生物が死滅し、浄化機能を劣化させます。
 また、空気中の雑菌は温度や湿度などの条件がそろえば繁殖するので、換気を
よくして湿気を減らすとともに、日常の手入れを頻繁に行うことをお勧めします。
参考  霊菌は病原菌ではありませんが、他の雑菌も繁殖している可能性がありますの
で、よく洗い落としてください。
 塩素消毒しますと、霊菌等の細菌やカビは完全に死滅します。したがって、塩素
消毒をして残留塩素のある水道水中には、細菌やカビは存在しません。