燃料電池自動車

  燃料電池自動車について

・水素を燃料として発電し,その電力で走る燃料電池自動車(FCV)です。
平成29年度,倉敷市に導入されました。

・燃料電池で,タンク内にある水素と空気中の酸素とを化学反応させて発電させ,モーターを回して走ります。
・走行時にはCO2や排気ガスを出さず、 排出されるのは水だけです。

■水素の製造・充填
・環境交流スクエアに設置された簡易水素ステーション(SHS)で水素を製造・充填します。
・SHSで水道水を電気分解して,水素と酸素を製造します。

水素自動車
■水素自動車の設置場所
 環境交流スクエア 

■活用方法
 環境イベントや出前講座などで展示し,環境意識の啓発に活用しています。

■見学
 施設見学の一環として、SHSやFCVを見学できます。施設見学の方法は、「施設見学HP」をご覧ください。