当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

絹本著色 釈迦三尊画像

けんぽんちゃくしょく しゃかさんぞん がぞう
絹本著色 釈迦三尊画像
絹本著色釈迦三尊画像
撮影:田中秀和氏

種別: 市指定・絵画
所在地: 倉敷市児島通生
所有・管理者: 般若院(岡山県立博物館)
指定年月日: 平成21年7月17日

 本品は文化4年(1807)夏に、児島通生の般若院に納められたもので、その異国的雰囲気から「唐絵(からえ)」として伝えられてきたことがわかります。

 釈迦の表情には高麗仏画にも通じるものがある一方、文殊普賢の両菩薩の表情には南北朝時代の特色がみられます。

 本図は、釈迦・文殊・普賢の三尊が共に光背に火炎を発する大変珍しい図で、渡来仏画を手本にしながらも、日本人好みに変身させた上質で貴重な作例です。