当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

釈迦三尊十羅刹女画像

しゃかさんぞん じゅうらせつにょ がぞう
釈迦三尊十羅刹女画像
絹本著色釈迦三尊十羅刹女画像
撮影:田中秀和氏

種別: 市指定・絵画
所在地: 倉敷市児島通生
所有・管理者: 般若院(岡山県立博物館)
指定年月日: 平成21年2月24日

 大般若経守護の十六善神に見立てるかたちで「経櫃 及び 大般若波羅蜜多経」とともに一具で般若院で伝えられてきたものです。

 中央に釈迦如来と香炉・台を据え、ほぼ左右対称となるように四菩薩・二天・十羅刹女が配されており、整然とした構図をとっています。菩薩・羅刹女のそれぞれの顔貌は変化に富み、丁寧かつ的確な描写がなされています。

 大般若波羅蜜多経の書写年代より後世に下るものですが、中世に遡る伝世品は少なく、また、本品のような釈迦三尊と十羅

刹女の取り合わせや礼拝的構造はさらに珍しく貴重です。