ハザードマップ

スマートフォン用ツール
ハザードマップ

ハザードマップについて

 ハザードマップとは、災害の危険度を地図上に表したものであり、災害に対する備えの強化や、災害時の避難・危険回避などの自主的な行動を支援することを目的に作成したものです。

 ハザードマップは災害の種類ごとに作成しており、避難所や避難経路の確認、災害学習、防災情報の整理など、活用目的に応じて利用できます。

 ハザードマップを利用して、日頃から自宅や職場付近の災害危険性を認識し、災害の発生が予見される場合には迅速で適切な対応を行えるよう、家族や地域の皆さんと話し合っておきましょう。

 

地図情報システムから様々な情報を確認できます

1.各ハザードマップの最新情報を、GIS(地理情報システム)から確認することができます。

「倉敷市統合版GIS」(令和2年4月現在のハザードマップの情報が掲載されています。)

※スマートフォンの方はこちら

※携帯電話の方はこちら

  • 「倉敷市河川洪水浸水想定区域」は、「倉敷市地図情報」をクリックしてください。
  • 複数の情報を同時に表示する方法  pdf(542KB)


2.お住まいの地域が⼟砂災害警戒区域・特別警戒区域かどうか、おかやま全県統合型GISから確認できます。

「おかやま全県統合型GIS」(最新の土砂災害警戒区域等の情報が掲載されています。)

倉敷市洪水・土砂災害ハザードマップ

洪水・土砂災害ハザードマップは、大雨や台風によって河川の堤防が決壊(又は氾濫)した場合の洪水被害や、大雨や地震がきっかけとなり生じる可能性のある土砂災害を想定し、次の情報を記載しています。
  • 指定避難所・緊急指定避難場所(一覧はこちら)
  • 想定される浸水の範囲と深さ
  • 土砂災害のおそれのある場所
  • 平成16年の高潮被害範囲

倉敷市洪水・土砂災害ハザードマップ(令和2年4月作成)

地区 形式・容量
 倉敷地区(北部) PDF形式 約6MB
 倉敷地区(南部) PDF形式 約12MB
 児島地区 PDF形式 約11MB
 玉島地区 PDF形式 約7MB
 水島地区 PDF形式 約10MB
 真備・船穂地区 PDF形式 約9MB

浸水想定区域について

 「浸水想定区域」は、下記の河川で堤防が決壊した時の「浸水区域・深さ」を表示したもので、複数の決壊地点を想定して計算し、重ね合わせた「浸水区域・深さ」を表示しています。なお、想定している降雨の確率、雨量は下表のとおりです。

 河川 想定している降雨の確率
 1.高梁川水系:高梁川 150年に1回程度の確率(2日間で248mmの降雨)
 2.高梁川水系:小田川 100年に1回程度の確率(2日間で225mm の降雨)
 3.倉敷川水系 100年に1回程度の確率(24時間で181mmの降雨)
 4.里見川水系 70年に1回程度の確率(24時間で198mmの降雨)
 5.笹々瀬川水系

100年に1回程度の確率(24時間で189mmの降雨)

土砂災害のおそれのある場所について

  • 土砂災害警戒区域…土砂災害が発生するおそれのある区域
  • 土砂災害特別警戒区域…警戒区域内で、建物が壊れるなど、住民に著しい危険が及ぶおそれのある区域
  • 急傾斜地崩壊危険箇所…崖崩れのおそれのある場所
  • 土石流危険渓流(氾濫想定範囲)…土石流被害のおそれのある場所
  • 地すべり危険箇所…地滑りのおそれのある場所
  • 山地災害危険地区…山腹の崩壊や土石流のおそれのある場所
広報くらしき令和2年5月号 ハザードマップ特集記事はこちら

倉敷市内水ハザードマップ

 内水ハザードマップは、梅雨や台風などの大雨によって排水施設(用水路・側溝・下水道施設など)で排水しきれなくなった雨水が道路等にあふれ出し、浸水が発生した場合を想定したものです。洪水・土砂災害ハザードマップ(河川で堤防が決壊又は氾濫等による被害を想定したもの)とあわせて、お住まいの地域がどの程度の浸水が想定されているか避難所への避難経路などを含めて確認いただき、浸水被害の軽減のためにお役立てください。

お問い合わせ先:下水経営計画課(086-426-3581)

倉敷市ため池ハザードマップ

 ため池ハザードマップは、近年頻発している局地的な集中豪雨や台風、今後発生が予測される南海トラフ巨大地震により、ため池の堤防が決壊した場合の氾濫解析を行い、ため池氾濫の危険性を正しく周知するとともに、災害発生時における自らの避難活動の指針とすることを目的とした地図です。

お問い合わせ先:耕地水路課(086-426-3441)

倉敷市津波ハザードマップ

南海トラフ巨大地震が発生した場合,倉敷市における津波による浸水深や液状化の危険度を表示したものです。
地震や津波についての知識も掲載しています。

ページ 内容 形式・容量

p. 1~ 2

津波から命を守るために
 (1)地震が発生したら
(PDF形式 約226KB)

p. 3~ 4

津波から命を守るために
 (2)津波からの避難
(PDF形式 約1,097KB)

p. 5~ 6

南海トラフ巨大地震が起こったら (PDF形式 約1,530KB)

p. 7~ 8

東日本大震災の教訓に学ぶ (PDF形式 約1,487KB)

p. 9~10

南海トラフ巨大地震による
震度分布図
(PDF形式 約2,030KB)

p.11~12

南海トラフ巨大地震による
液状化危険度分布図
(PDF形式 約1,940KB)

p.13~14

ハザードマップ(全体図) (PDF形式 約10,369KB)

p.15~16

ハザードマップ(玉島地区(1)) (PDF形式 約12,130KB)

p.17~18

ハザードマップ(玉島地区(2)) (PDF形式 約5,750KB)

p.19~20

ハザードマップ(水島地区(1)) (PDF形式 約12,874KB)

p.21~22

ハザードマップ(水島地区(2)) (PDF形式 約8,188KB)

p.23~24

ハザードマップ(児島地区(1)) (PDF形式 約8,304KB)

p.25~26

ハザードマップ(児島地区(2)) (PDF形式 約6,626KB)

p.27~28

ハザードマップ(茶屋町地区)
マップの上手な使い方
(PDF形式 約4,201KB)

p.29~30

日ごろの備えをしましょう
非常持出品・家庭内備蓄品リスト
(PDF形式 約1,478KB)

表紙・裏表紙

表紙(目次)
裏表紙(非常時の連絡先)
(PDF形式 約226KB)