空き家等の適正管理について

空家等の適正管理について

 少子・高齢化等の進展に伴い、全国的にも問題となっている管理不全な空家等の増加に伴い,防災,防火防犯衛生上の問題で市民生活にさまざまな影響を与えるようになってきていることから,倉敷市では「倉敷市空き家等の適正管理に関する条例」を定め,総合的に空き家等の対策に努めてきました。
 
「空家等対策の推進に関する特別措置法」(平成26年11月27日に公布)が、平成27年5月26日に施行されたことに伴い,これまでの取り組みを一層強化していくため,「倉敷市空き家等の適正管理に関する条例」を「倉敷市空家等対策等の推進に関する条例」 に改め,平成29年4月1日より施行しました。

 ○ 倉敷市空家等対策等の推進に関する条例

 ○ 倉敷市空家等対策等の推進に関する条例規則
 

空き家の発生を抑制するための特別措置について

<制度の概要>

 平成28年度税制改正において,被相続人の居住の用に供していた家屋(空き家)を相続した方が,家屋(空き家)を譲渡した場合の特例措置が創設されています。

適用期間は,平成28年4月1日から平成311231までです。

制度の詳細については,国土交通省や国税庁のホームページをご覧になるか,税務署へお問い合わせください。

 ○空き家の発生を抑制するための特例措置(国土交通省ホームページ内)

 ○過去に居住していたマイホームを売ったとき (国税庁ホームページ内)

<確認書の交付について>

 倉敷市に所在した家屋の「確認書」の発行は,建築指導課で発行します。所定の様式に必要書類を添えて提出してください。  

  ○被相続人居住用家屋確認申請書・確認書 wordWORD形式 / pdfPDF形式

<問合せ先>

 ご不明な点などは下記まで。なお制度の詳細については税務署にお問い合わせください。

 

空き家等の適正管理の担当部署

-空き家等が下記の状態になっている場合は,次の担当部署にご相談ください。-
(平成26年度)
【空き家の状態】 【担当課】 【電話番号】
老朽化が著しい建物で倒壊又は
 建築材等の飛散のおそれのある
 状態
建築指導課  086-426-3501
■不特定者の侵入による火災を
誘発
おそれのある状態
消防局予防課  086-426-1194
■不特定者の侵入による犯罪を
誘発
する
おそれのある状態
生活安全課  086-426-3111
■敷地内草木が著しく繁茂し,
又はねずみ,昆虫等が
相当程度
繁殖
し,周囲の生活環境に害
を及ぼす
おそれのある状態
環境衛生課
086-426-3361
■その他(空き家等の状態わか
らない場合,条例の内容の問い
合わせ等)
建築指導課 086-426-3501


倉敷市コールセンター
086-426-3030
年中無休 8時~21時
 
倉敷市宿直室
086-426-3033
(コールセンター以外の時間帯)


※ 倉敷市では,空き家バンクの取り組みはありません。
  詳しくは,住宅課(086-426-3531)へお問い合わせください。

※ 管理不全の空き家等でお困りの場合は,電話若しくは下記の情報提供書により
 担当課へ提出してください。

 【様式ダウンロード】
  倉敷市空き家等の適正管理に関する情報提供書 MS-WORD形式  PDF形式

所有者の方へ

 近隣住民の方に不安を抱かせないように、しばらく家を空けることになった場合でも、「何かあったらここへ連絡してください。」と言い合える、普段からのコミュニケーションが大切です。また、自分の所有している空き家の様子を定期的に見る、自分で管理できない場合は業者に依頼する等、所有者としての責任を果たすことを心掛けてください。