木造住宅 耐震診断・耐震改修補助事業

木造住宅耐震診断(現況診断)補助金制度について

◆木造住宅耐震診断(現況診断)補助事業

 倉敷市は昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の耐震診断(現況診断)費の一部を補助する制度を設けています。

 1 耐震診断費用
  70,000円/1棟(このうち60,000円を補助します。) 

   ※上記の補助金費用は,200平方メートル以下の木造住宅の場合です。
    200平方メートルを超える木造住宅で,診断を検討される方は,
    建築指導課までお問い合わせください。
   ※増築等をしている場合は建築指導課までお問い合わせください。


 2 補助の対象条件
 (1)昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅
 (2)兼用住宅の場合は、建物の半分以上が住宅の用途であること

 3 様式のダウンロード

 こちらのページからダウンロードしてください。


木造住宅耐震診断(補強計画)補助金制度について

◆木造住宅耐震診断(補強計画)補助事業

 倉敷市は昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で,耐震診断(現況診断)の結果,倒壊の可能性があると診断された木造住宅の補強計画作成費の一部を補助する制度を設けています。

 1 補強計画作成費用
   70,000円/1棟(このうち60,000円を補助します。) 

   ※上記の補助金費用は,200平方メートル以下の木造住宅の場合です。
    200平方メートルを超える木造住宅で,補強計画を検討される方は,
    建築指導課までお問い合わせください。

 2 補助の対象条件
(1)耐震診断(現況診断)の結果,「倒壊の可能性がある」と診断された木造住宅
(2)昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅
(3)併用住宅の場合は、建物の半分以上が住宅の用途であること

 3 様式のダウンロード
 こちらのページからダウンロードしてください。

木造住宅耐震改修工事補助金制度について

◆木造住宅耐震改修補助事業
 注)平成29年度の内容については,確定次第お知らせいたします。
 倉敷市は昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の耐震改修工事費の一部を補助する制度を設けています。

 1 耐震改修工事補助額
   耐震改修工事費の50%
  (ただし,補助額の上限は,600,000円となります。) 
  ※リフォーム・建替については,補助対象外です。
  ※補強計画に基づく見積り額(補助対象経費)33,500円/㎡を限度とします。
  ※工事に伴い,実施設計又は補強計画の見直し費用が別途必要になる場合があります。

 2 補助の対象条件
 (1)昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅
 (2)兼用住宅の場合は、建物の半分以上が住宅の用途であること
 (3)木造住宅耐震診断員による工事監理を受けること。

 3 様式のダウンロード
 こちらのページからダウンロードしてください。

木造住宅 部分耐震改修補助金制度について

◆木造住宅 部分耐震改修補助事業
 注)平成29年度の内容については,確定次第お知らせいたします。
 倉敷市では,地震時に避難が困難な高齢者等の命を緊急避難的に守ることを目的として,昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅の部分耐震改修工事費の一部を補助する制度を設けています。
 1 部分耐震改修補助額

   部分耐震改修工事費の50% (補助金上限額400,000円


 2 補助の対象条件
   (※補助の対象条件の詳細は建築指導課までお問い合わせください。)
 (1)高齢者(65歳以上)又は障がい者の方が居住している世帯及び低所得者の世帯

 (2)昭和56年5月31日以前に着工し,耐震診断及び部分耐震補強計画(※1)
   を実施しているもの。

 (3)木造住宅耐震診断員による工事監理を受けること。 

   (※1)部分耐震補強計画作成にかかる費用に対する補助はありません。
       よって,部分耐震補強計画作成にかかる費用は全額自己負担と

       なります。

 3 様式のダウンロード
  こちらのページからダウンロードしてください。


 


耐震シェルター設置補助金制度について

耐震シェルター設置補助事業
 注)平成29年度の内容については,確定次第お知らせいたします。
 倉敷市では,地震時に避難が困難な高齢者等の命を緊急避難的に守ることを目的として,昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅に設置する耐震シェルターの設置工事費の一部を補助する制度を設けています。

 1 設置工事費補助金額
   設置工事費の50% (補助金上限額200,000円

 2 補助の対象条件
  (※補助の対象条件の詳細は建築指導課までお問い合わせください。)
 (1)高齢者(65歳以上)又は障がい者の方が居住している世帯及び低所得者の世帯
 (2)昭和56年5月31日以前に着工し,耐震診断を実施した結果,耐震基準を
   満たさないことが判明している木造住宅の1階に設置するもの。

名称

製造者名

耐震TBシェルター「鋼耐震」 株式会社東武防災建設
木質耐震シェルター 株式会社一条工務店
耐震シェルター「レスキュールーム」 有限会社ヤマニヤマショウ
耐震シェルター「安全ボックス」 株式会社アップルホーム
耐震シェルター耐震和空間 株式会社ニッケン鋼業
木造軸組耐震シェルター「剛建」 有限会社宮田鉄工
つみっくベッドシェルター 株式会社つみっく
シェルターユニットバス(UB) J建築システム株式会社
シェル太くん工法 株式会社ヤマヒサ
シェルキューブ 株式会社デリス建築研究所

              ※耐震シェルターイメージ

 3 様式のダウンロード
  こちらのページからダウンロードしてください。

防災ベッド設置補助金制度について

◆防災ベッド設置補助事業
 注)平成29年度の内容については,確定次第お知らせいたします。 
 倉敷市では,地震時に避難が困難な高齢者等の命を緊急避難的に守ることを目的として,昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅に設置する防災ベッドの設置工事費の一部を補助する制度を設けています。

 1 設置工事費補助金額
   設置工事費の50% (補助金上限額100,000円
 
 2 補助の対象条件

 ・高齢者(65歳以上)又は障がい者の方が居住している世帯及び低所得者の世帯
 ・昭和56年5月31日以前に着工し,耐震診断を実施した結果,耐震基準を
  満たさないことが判明している木造住宅の1階に設置するもの。

  

名称

製造者名

ウッド・ラック(WOOD-LUCK) 新光産業株式会社
介護ベッド用防災フレーム 株式会社ニッケン鋼業
防災ベッドBB-002 株式会社ニッケン鋼業
安心防災ベッド枠A フジワラ産業株式会社
安心防災ベッド枠B フジワラ産業株式会社
耐圧ベッドルーム型シェルター 株式会社エヌ・アイ・ピー

               ※防災ベッドの例

 3 様式のダウンロード
  こちらのページからダウンロードしてください。