企業立地に頑張る市町村20選

スマートフォン用ツール
企業立地に頑張る市町村20選

「企業立地に頑張る市町村20選」に倉敷市が選定されました!

 この度、経済産業省が実施した「企業立地に頑張る市町村」において、本市の取組み内容が評価され、20選に選ばれました。また、これを受けて平成19年12月17日には「企業立地促進フォーラムin東京」において感謝状が授与されました。
「企業立地促進フォーラムin東京」感謝状授与式 感謝状授与(授受者は難波総務局長)
■「企業立地に頑張る市町村」とは?
【主旨】
企業立地に前向きな自治体の取組みを「企業立地に頑張る市町村事例集(仮称)」として取りまとめ、広く紹介することにより、自治体の企業立地に対する意欲の向上を図るとともに、企業立地の取組みを促すための参考資料とすることを目的とする。
【選考方法等】
有識者でつくる審査委員会で、首長のトップセールスや立地企業へのフォローアップをはじめとした取組みなどを基準に評価。実際に進出した企業へのヒヤリングやアンケート調査を国が実施。
■倉敷市の選定理由は?
地域の特色を活かした次のような先進的・特徴的な取組みが評価されました。
◆立地企業支援体制の強化
 ・企業誘致専門部署として産業支援課、水島港振興の設置など
◆水島コンビナート地域など既存企業の競争力強化に繋がる支援策の実施
 ・機械設備の増設・更新までを対象とした「設備投資促進奨励金」の創設(平成18年度)
 ・官民一体となった投資環境の整備
◆県と連携した企業立地策の展開
 ・企業誘致活動のみならず、企業立地優遇制度、人材育成支援、競争力強化支援など様々な分野に
  おいて岡山県と連携
 ・水島コンビナートの競争力強化に向けた連携など
■倉敷市以外の受賞団体は?
北海道白老町、岩手県北上市、山形県米沢市、福島県相馬市、茨城県つくば市、栃木県日光市、栃木県足利市、神奈川県相模原市、新潟県妙高市、富山県高岡市、長野県駒ヶ根市、長野県佐久市、岐阜県瑞浪市、三重県尾鷲市、三重県四日市市、京都府京丹後市、和歌山県橋本市、福岡県飯塚市、熊本県大津町
■資料
【企業立地に頑張る市町村事例集~要約編~】
http://www.meti.go.jp/press/20071213001/05_jireishuu_youyaku.pdf
【経済産業省プレス発表文】
http://www.meti.go.jp/press/20071213001/02_20sen.pdf