『倉敷の歴史』第30号

スマートフォン用ツール
『倉敷の歴史』第30号

特集ー災害をみつめ直すー

特集にあたって
真備町域における江戸時代~明治初年の水害治水史    畑  和良
明治二年東高梁川洪水と地域社会            倉地 克直
明治一三年の高梁川水害について            山下  洋
倉敷市における水損公文書修復処置の取り組みについて  山本 太郎
西日本豪雨被災資料救出保全活動の成果と課題      上村 和史

ノート

倉敷市連島町・宝島寺所蔵「白衣観音像」について    前田  興
玉島出身の茶人・白神宗吾について           井上 秀二
旧倉敷町役場の設計者小林篤二について         山﨑真由美

史料紹介

古川古松軒の扇面                   中山  薫

アラカルト

由加山に奉納された阿波石工の狛犬           藤原 好ニ

展示会記録

令和元年度資料展示会 真備の記憶―写真と資料でたどる―

報告

平成30年度歴史資料講座
令和元年度古文書解読講座
新刊紹介・投稿要領・歴史資料整備室日誌・コラム
※第30号は在庫切れとなっております。お近くの図書館等で御覧いただきますようお願い申し上げます。

            <第29号